Evb

肝臓移植と肝臓癌を治す

ドナーは、手に入れるのは難しいですし、手順は少数精鋭のためだけですが、生存率は向上している。

腫瘍ができません肝癌患者の外科的に切除肝移植- 、別の可能性がある。 この手順では、癌の肝臓は、健康1で取り外して交換することができます。

言われて、移植を得ることがより簡単であるかもしれません言うほど。 移植のための肝臓は、手に入れるのは簡単ではありません。 健康な肝臓のための順番待ちリストがあります。

肝癌:あまりにもどの高度進んでいる?
医師は通常、肝臓癌のために成功した肝移植のための候補者が誰であるかを決定するためにミラノ基準と呼ばれる一連の規則を使用しています。 これらの基準は、腫瘍の大きさに制限が挙げられる - 唯一つの腫瘍がある場合は、5 cm以下であるべきである。 肝臓内に複数の腫瘍がある場合は、そこに最大3つにすることができ、最大3 cm以下でなければなりません。 これらの基準を満たすことに加えて、肝癌の患者さんは、効果的であることが移植のために肝臓の外に癌のいずれかの広がりを持っていなければなりません。

原発性肝癌の移植は、より一般的になっているようにしかし、いくつかの医療センターは、この手順を提供するために彼らの基準を拡大しています。 つの腫瘍を持つ患者のサイズが8未満センチこれらの拡張された基準(UCSF基準として知られている)だけでなく、最大が4.5 cm以下、どこですべてのサイズとなっている3つまでの腫瘍を持つそれらの下で対象となる可能性があり合わせた腫瘍は8未満cmである。

肝癌:肝移植の成功率
多くの研究は、それらが肝臓移植を受けた後に肝癌との長い患者が生きることができるかを見るために行われている。 2003年に出版さある研究では、患者の60%以上が5年彼らの移植後もまだ生きていたことがわかった。 博士Sorscherはこれが70%と高いことができることが追加されます。 "しかし、"彼は注意、 "彼らは患者のグループを選択している。 あなたがする必要が十分に早く病気をキャッチし、あなたがしなければ、あなたは肝移植を行い、センターにいる、あなたは4年で最大70%の生存率を持っているかもしれません。 "

長年にわたり医師は肝臓癌の患者はおそらく移植後良いでしょうかを識別で良くなってきた。 だから、より良いオッズを持つ患者を選択することによって、彼らの全体的な成功率は上がっている。

肝癌:肝移植のリスク
任意の臓器移植手術は、癌、肝臓自体の外科的切除と実際の移植の両方に起因するリスクを持っています。 リスクが含まれます:

  • 新しいオルガン "取って"と身体の免疫系によって拒絶されていない
  • 感染
  • 肝臓癌返す
  • 移植後に必要な薬への反応
  • 増加した出血、凝固困難
  • 手術中の麻酔薬への反応

肝癌移植:新しい肝付きのリビング
あなたが移植によって治療された肝癌を持っていた場合は、あなたの生活の中でいくつかの適応を行う必要があるでしょう - 特に、あなたの肝臓を拒絶からあなたの体を維持するために抗拒絶反応薬を服用し、任意の兆候が密接にあなたの健康を監視拒絶反応や肝臓癌のリターン。 あなたが拒絶反応を防ぐために取る薬は重篤な感染症を開発することは、より影響を受けやすいことができます。

だから、答えは、肝移植である? あなたが基準を満たしている場合(肝臓外広がりない小さな腫瘍の大きさ)それは死体肝臓の可用性(肝臓が死後寄贈)に依存します。 あなたが(受信者に正常な肝臓の大きさに成長します)自分の健康な肝臓の一部を寄付して喜んで誰かを持っている場合は、非生物ドナーのために、時々長時間待つことなく移植を持っていることができるかもしれません。 この状況でドナーにはいくつかのリスクがありますが、移植のこのタイプは慎重な検討を必要とするので。

肝臓移植と肝臓癌を治す. 肝癌:あまりにもどの高度進んでいる?.
肝臓移植と肝臓癌を治す. 肝癌:あまりにもどの高度進んでいる?.

肝移植のための基準を満たす人のために、成功の確率は良いです。 それはあなたのための可能性であるかどうかを確認するには、腫瘍専門医に相談してください。